うさぎの暑さ対策| エアコンの冷え対策も忘れずに!お腹は温活♡

0517_usagi.jpg
うさぎさんの換毛期が終わると、暑い夏の到来。

夏用の毛に生えかわっても、体全体を毛で被われてるうさぎさんは、人間より暑い。
その上、人間のように汗をかいて体温調節することもできません。

暑い夏を元気に乗り切るには、うさぎさんが快適に過ごせる温度管理と一緒に、冷え対策もしてあげましょう。

1人暮らしでうさぎを飼っていて、日中うさぎさんだけでお留守番。そんな人にもおすすめのうさぎの暑さ対策をご紹介します。


目次
室温でなく、うさぎの体感温度が大切
初めての夏の失敗談
暑い夏を快適に過ごす環境作り
夏の環境作りの必需品
まとめ

室温でなく、うさぎの体感温度が大切


うさぎさんが快適に過ごせる温度は、夏場だと24℃〜28℃です。

夏場その温度を保つには、エアコンに頼るしかありません。エアコンの温度設定を、24℃〜28℃にすれば大丈夫でしょうか?

いえいえ。

大切なのは、室温でなくうさぎが過ごす場所の温度が、24℃〜28℃になるようにすること

うさぎさんが過ごす場所に、温度計を置いてチェック

飼い主さんが家に居る日、うさぎさんが過ごしてる場所に温度計を置いて、エアコンをつけて温度を確認しておきましょう。

checkbox20.png除湿と冷房、どっちが良い?
checkbox20.png温度設定は、何度が最適?


うさぎさんをお迎えして初めて迎える夏は、必ずこの確認をしておきます。

快適な温度はうさぎによって違う

長毛種・短毛種に関係なく、うさぎさんが快適と感じる温度は、それぞれ違います。飼ってるうさぎさんにとって快適な温度を見つけておきます。

28℃でくつろいだ様子で過ごして食欲もあれば、28℃がその子にとって快適な温度。

そうでなければ、1℃ずつ設定温度を下げて、うさぎさんの様子を観察して最適な温度を見つけます。ほとんどのうさぎさんは、28℃~26℃くらいで快適に過ごします。

初めての夏の失敗談


お迎えして初めて夏を迎えるうさぎさんには、特に気を配ってあげましょう。

私の失敗談になりますが、我が家のうーた君をお迎えして初めての夏。天気予報で最高気温30℃だったので、エアコンを除湿に設定して仕事へ出かけました。

夜仕事から帰ってくると、部屋は涼しくて快適な温度。でも、うーた君のフードケースの中は朝のまま。朝から何も食べてませ。うんちも、ほとんどしてない状態。

すぐ病院へ連れて行くと、「うっ滞」になってました。

「うっ滞」になった原因は、温度ではなくストレスだったと思います。

ストレスから「うっ滞」になることも

我が家にやってきて、初めて窓を閉め切ってエアコンの風が流れる環境の中で、独りぼっちで長時間お留守番させられて不安だったのでしょう。

うさぎさんにもよりますが、デリケートな子だと、ちょっとした環境の変化にストレスを感じます。そのストレスが原因で、お腹の動きが悪くなって「うっ滞」になります。

初めて夏を迎えるうさぎさんの場合、飼い主さんが一緒に居る時エアコンに慣らしておく事で、「うっ滞」になるストレスを回避できます。

暑い夏を快適に過ごす環境作り


ケージ・サークルで過ごすうさぎさんと、室内放し飼いで飼っているうさぎさん、それぞれに合った方法で快適な環境を作ります。

温度管理だけでなく、お腹を温める場所を作ろう

エアコンで涼しく快適な温度になっていても、お腹が冷えるとお腹の動きが悪くなって「うっ滞」にかかりやすくなります。「うっ滞」予防のためにも、うさぎさんが、いつでもお腹を温められる場所を作っておくのがポイントです。

ケージ・サークルで過ごすうさぎさんの場合

ケージの中で過ごすうさぎさんの場合、狭い空間の中だけで快適に過ごせるよう工夫しましょう。できれば、ケージとサークルを連結させて、快適な場所へ移動できる方が良いです。
快適な環境作りのポイント

うさぎさんが過ごす場所の温度を24℃〜28℃にする
・ケージは、エアコンの風が直接当たらない場所に置く
・ケージは、窓際から離れた場所に置く
保冷剤をタオルに包んで、ケージの上に置く
お腹を温める場所を作る


室内放し飼いのうさぎさんの場合

室内放し飼いだと、うさぎさんが自分で快適だと感じる場所へ移動してくつろいで過ごします。

快適な環境作りのポイント

エアコンの設定温度を24℃〜28℃の間で快適に過ごせる温度に設定する(除湿・冷房どちらでもOK)
保冷剤をタオルに包むか、布製の袋に入れて、うさぎさんお気に入りの場所に置く
数カ所に小さな毛布(フェイスタオルくらいの大きさ)を置いておく



夏の環境づくりの必需品


おすすめの保冷剤

保冷剤は、こちらのハードタイプが、おすすめ。


お値段も200円ほどとお手頃価格。冷凍庫で10時間ほどで凍ります。

お腹を温める方法

・うさぎさんが、寝転がれるサイズの小さな毛布を敷く
・冬場使っていたヒーターがあれば、それをケージの下に入れて置く


まとめ


うさぎさんは、小さな体で体温調節が苦手。温度変化やそれ以外のストレスで「うっ滞」にかかる等、体調を崩しやすいデリケートな子です。

30℃を超える部屋にいると、確実に熱中症になり、うさぎさんの命が危険な状態になります。

天気予報で最高気温が28℃を超える場合は、必ずエアコンを適温に設定してから仕事に出かけるようにします。お腹を温められる場所も作って、「うっ滞」予防もしましょう。

これからますます暑い日が続きます。

うさぎさんが元気に夏を乗り切れるよう、快適に過ごせる準備しておきましょう。

この記事へのコメント